Afroguidanceショップへようこそ!

【ロシア産】 スタウロライト 原石 Staurolite 十字石 母岩付き B

5,200円(内税)

購入数


※スタウロライト原石 Staurolite 十字石 母岩付き B

重さ:約2.6g

横幅:約13.8mm
高さ:約18.8mm
厚み:約6.5mm

こちらの原石は、ロシア北西部にて採掘された原石です。

十字石(Staurolite)は、広域変成岩より産出する鉱物で
カイヤナイト(Kyanite)やマイカ(白雲母)と共に産出します。

共生とはいきませんが、カイヤナイト(Kyanite)と仲の良い鉱物と言っても良いでしょう。
そんな経緯でこちらを仕入れました。

2本の柱状の結晶が60°で交わるものと、90°で交わるものがあります。
特に90°のものは、まるでキリスト教における十字架の様なので、古より愛されてきました。
十字軍遠征においては、十字軍の兵士たちが、お守りとして身に着けていたとも言われています。

また、よく混同される空晶石(キャストライト‐chiastolite‐)は炭素包有物による黒十字模様であり、
こちらのスタウロライトは立体の十字になり、似て非なるものです。

ちなみにキャストライトはアンダリュサイトの亜種であり、
アンダリュウサイト(andalusite)はカイヤナイト(Kyanite)の同一化学組成の同質異像の関係であり
クロスストーンと呼ばれる2つの石(スタウロライトとキャストライト)の近くにカイヤナイトありですね。
ご一緒にカイヤナイト(Kyanite)もどうぞ!

Staurolite-スタウロライト‐和名‐十字石・じゅうじせき/じゅうじいし‐

組成は単斜晶系のネソケイ酸塩鉱物 (Fe2+2Al9O6(SiO4)4(O,OH)2)。
比重 3.74 - 3.83。モース硬度7-7.5。

一般的に60°で交わるが、稀に90°で交わり十字状となることがある。

主な産出地
ロシア・(Pestsovye Keivy, Keivy Mountains, Lovozersky District, Murmansk Oblast, Russia)
USA・ジョージア州 バージニア州 アイダホ州 ニューメキシコ州等
スイス
マダガスカル



※純粋な天然石ですので多少の欠けやヒビが入っているものがございます。
※天然石故加工品の場合、表面に小さな凹凸が存在する場合がございます。
 ご了承のうえご注文お願い致します。
※色の具合や模様は変わります。
※モニター環境によって多少の色の違いがありますことをご了承くださいませ。

おすすめ商品