Afroguidanceショップへようこそ!

ディープグリーンカイヤナイト ブレードタイプ原石 タンザニア・アルーシャ州産

5,500円(内税)

購入数


※ディープグリーンカイヤナイト ブレードタイプ原石 タンザニア・アルーシャ州産

重さ:約40.30g

横幅:約3.8cm
高さ:約8.6cm
奥行:約0.9cm

こちらの原石は、タンザニア・アルーシャ州のロリオンド県にて採掘されました。
ブラジルでも緑色のカイヤナイトは採掘されましたが、採掘量も少なく希少でしたが
こちらのロリオンドでは一時期それなりの採掘量が採れグリーンカイヤナイトの産地として
一躍有名になりました。

今回のカイヤナイトはその中でも、濃いグリーンのクラスタータイプの原石になります。
ライトグリーンはルースなど加工品としてもよく出回りますが、こちらのディープグリーンは加工品
としてはかなり少なく、希少品といえると思います。
こちらも探してはおりますが、今のところバックオーダーがかからない商品です。

商品名にある、ブレードタイプ原石とは、クラスタータイプの複合・集合した状態から
剥離したもの、水晶のシングルポイントと思っていただければよいと思います。
カイヤナイトのよく見られる特徴で薄くまるで刃の様な形なのでブレードタイプと呼ばれております。


Kyanite-カイヤナイト‐和名‐藍晶石・らんしょうせき‐

組成はアルミノ珪酸塩鉱物 (Al2SiO5)。
比重 3.6。モース硬度 4〜7.5。

カイヤナイトのブルーの要因は、サファイアと同じく、含まれる鉄とチタンとの化学反応と言われています。
また、
結晶の方向により硬さが極端に違うという特性を持っているのがカイヤナイトの最大の特徴です。

主な産出地
ほとんどの大陸で採掘されますので私的におすすめの産地は以下になります。
(もちろん日本でも採掘可能です。)
王道ブラジル・ロイヤルブルーのネパール・多色のアフリカ南部広域・美結晶のカレリア地方(ロシア)
また、
白色のカイヤナイトをラエチザイト‐Rahetizite‐と呼び主に工業用として採掘もされています。
これはガラスやセメントなどの産業で、高温用途の耐熱材料として使用されます。

さらに
紅柱石‐アンダリューサイト‐と珪線石‐シリマナイト‐は成分組織は一緒ですが
結晶構造や物理的な性質が異なり別の鉱物となってます。

おすすめ商品