Afroguidanceショップへようこそ!

ライトブルーカイヤナイト ブレードタイプ原石 ブラジル・バイーヤ州産

7,000円(内税)

購入数


※ライトブルーカイヤナイト ブレードタイプ原石 ブラジル・バイーヤ州産

重さ:約38.30g

横幅 :約2.0cm
高さ:約11.8cm
奥行:約0.9cm

こちらの原石は、約3年前のブラジルはバイーヤ州にて採掘され、
その翌年には日本にもある一定数入っては来ましたが、その後の採掘ではこの色味の同じものは採掘されなかったと聞いてます。
その当時には、“パライバカイヤナイト”なんて名前で流通して話題を呼びました。

また、商品名にある、ブレードタイプ原石とは、クラスタータイプの複合・集合した状態から
剥離したもの、水晶のシングルポイントと思っていただければよいと思います。
カイヤナイトのよく見られる特徴で薄くまるで刃の様な形なのでブレードタイプと呼ばれております。

脆い弱点はあるものの、その薄さ故、光を透過させやすく主にアクセサリーに加工されます。


Kyanite-カイヤナイト‐和名‐藍晶石・らんしょうせき‐

組成はアルミニウムのケイ酸塩 (Al2SiO5)。
比重 3.6。モース硬度 4〜7.5。

カイヤナイトのブルーの要因は、サファイアと同じく、含まれる鉄とチタンとの化学反応と言われています。
また、
結晶の方向により硬さが極端に違うという特性を持っているのがカイヤナイトの最大の特徴です。

主な産出地
ほとんどの大陸で採掘されますので私的におすすめの産地は以下になります。(もちろん日本でも採掘可能です。)
王道ブラジル・ロイヤルブルーのネパール・多色のアフリカ南部広域・美結晶のカレリア地方(ロシア)
また、
白色のカイヤナイトをラエチザイト‐Rahetizite‐と呼び主に工業用として採掘もされています。

さらに
紅柱石‐アンダリューサイト‐と珪線石‐シリマナイト‐は成分組織は一緒ですが別の鉱物となってます。